福島県鉄構工業組合
HOME サイトマップ お問合せ

組合員専用ページ

 

青年部について
会員紹介
活動報告

 

グレード別 H M R J
支部別 

会社名で検索
 
 

全国鐵講工業組合
全構協青年部会
国土交通省
 

TOP> 青年部 > 活動報告

青年部活動報告

2008年04月
第1回県鐵構工業組合青年部役員会  (2008.4.18[Fri])

2008年04月18日(金)第1回県鐵構工業組合青年部役員会
場所・福島県鉄構工業組合事務所   10名出席
                                  
議題
1) ホームページのリニューアルについて
2) 第18回通常総会についての話し合い

内容
1) ホームページのリニューアルについて協議(更新回数、内容。)
2) 第18回通常総会については、役割分担、議案書作成、また内容について協議

記録者 総務委員 志賀清彦


全国鐵構工業協会青年部第17回全国大会(岡山大会)  (2008.4.12[Sat])

2008年04月12日(土)に全国鐵構工業協会青年部第17回全国大会が岡山県岡山市のプラザホテルで開催されました。福島県からは、川島博((有)川島鉄工所)・近藤哲弥((株)東北鉄骨)・佐久間和弘(佐久間工業(株))・志賀清彦((株)志賀鉄工所)・橋本真((株)ビクセル)・船山一史((株))船山工業)の6名が参加してきました。

 今回は「誇」をスローガンに掲げ全国鐵構工業協会青年部会・会長=米森武夫氏((株)ヨネモリ)のもと、来賓の方達を含め約220名が集まり、壮大な全国大会となりました。
全国鐵構工業協会青年部会・会長=米森武夫氏の挨拶として
「現在この業界は厳しい状況が続いているということが本当のところだと思う。こうゆう時こそ誇りを失わず前向きに頑張っていかなくてはいけないと思う。プロとしての誇りを持って。プロはどんなに困難な場面に直面してもそれを乗り越えようとする。しかし、アマチュアは失敗を考え出来ない理由を考える。そしてそれを正当化する。だから我々はプロとしての誇りを失わずこの現在置かれている困難な状況を乗り越えるべく、元気を出して頑張って行こう。」と力強い挨拶をされた。

 通常総会では役員改選が行われ、今回船山一史((株))船山工業)氏が福島県から選任されました。今年度の青年部の事業は「正しい経営のためにやるべきこと」を基本方針に色々と事業を展開していく予定です。
 今回この全国大会で記念講演が行われ、講演者にテレビ等でも何度も取り上げられている「メイド・イン・東大阪」の人工衛星打ち上げを目指す青木豊彦氏((株)アオキ)が招かれた。
内容は、青木さんの生い立ち、経験、考え方等を話された。

その後懇親会が行われ、色々な催しを準備していただき大変盛り上がり楽しく、また他県の方達と親睦を深める事が出来、貴重な時間を体験してきました。


講演の内容はPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
■ ダウンロード ■


                 
記録者 総務委員 志賀清彦


Powered by HL-imgdiary Ver.3.02

 

ページの上に戻る

Copyright (c) Fukushima Steel-rib Fabrication Association All Rights Reserved.