福島県鉄構工業組合
HOME サイトマップ お問合せ

組合員専用ページ

 

青年部について
会員紹介
活動報告

 

グレード別 H M R J
支部別 

会社名で検索
 
 

全国鐵講工業組合
全構協青年部会
国土交通省
 

TOP> 青年部 > 活動報告

青年部活動報告

2010年10月
栃木県鉄骨業協同組合青年部・福島県鉄構工業組合青年部との交流会  (2010.10.31[Sun])

栃木県鉄骨業協同組合青年部・福島県鉄構工業組合青年部との交流会   


平成22年10月16日(土)に、栃木県宇都宮市のホテル丸治にて、栃木県鉄骨業協同組合と福島県鉄構工業組合の青年部で交流会が16;00から行われました。

内容として、
初めに、福島県鉄構工業組合青年部と栃木県鉄骨業協同組合青年部との合同研修会を行い、続いて、交流親睦会を行いました。

合同研修会では、栃木県警察本部 生活安全部の吉田学 警部を講師に呼んで、第1部・産業廃棄物の取り扱いについてと、第2部・新人教育についての内容で講演されました。

第1部・産業廃棄物に関して

景気の低迷のせいか、解体業の減少、それに伴い、運び屋、ダンプ屋自体が減少にあり、産業廃棄物の不法投棄が減少傾向にある事、

栃木県に関しては、黒磯市や那須塩原市などにある別荘宅の敷地内で、誰もいない時に土地を掘り起こし、産業廃棄物を埋めてしまう不法投棄の問題がある事、ただしこちらも最近は減少傾向との事、

最近の検挙事例では、リサイクル回収として、無料で古くなった電化製品や電気器具を回収し、海外で販売する業者に渡してマージンを得る、そのような流れが出てきているが、収益が発生する場合は、市町村や県の許可が必要であったり、届け出が必要な場合もあったりと、法律での決まりごともあるため制約もあるが、それを無視し行う人がいるため、法に引っ掛かり、検挙の必要があったとのこと、ただ、これに関して、法が曖昧である部分もあって、法のグレーゾーンとしての存在があり、警察側でも検挙の難しい所があるとの事、

実際、警察の仕事で、産業廃棄物の不法投棄の検挙や、法に隠れて商売を行っている人々についての問題に対しては、日々絶え間ない努力を行い、問題に取り組んでいる事が感じられました。

第2部・新人教育に関して

警察の方でも、新人教育に関しては、なかなか、苦労している様子で、大変な努力をし、人材を育てている様子が感じられました。

新人教育にあたって、時代のギャップを感じる事、それは、物に溢れ便利な環境で育ってきた人の感覚は、物が乏しく不便の中で育った人とはどうしてもバイタリティーの違いがある事、

また、便利な機器を使うことにより、1人で生活出来る環境がある事と、便利な機器がなく、人同士が協力しながら生活しなくてはならない環境とでは、コミュニケーションについても違いがあり、人に対しての気の使い方も違いがある、それが、仕事に関しても表れる事や、人と人とのかけ引きにも必要な事で、どうしても未熟さを感じてしまう事がある、また気配りがどれだけ大切な事であるか、こう言った事から伝えて教えて行く事はなかなか大変で、日々努力して人材を育でている事を話されました。

合同研修会の後は親睦会を行い、受注状況や単価の問題、各々の環境状況等について互いに話をしながら、情報交換を行い、親睦を深められました。






                                                記録者 総務委員 志賀清彦


第5回県鉄構工業組合青年部役員会    (2010.10.10[Sun])

第5回県鉄構工業組合青年部役員会


○ 2010年9月30(木)
 第3回県鉄構工業組合青年部役員会
 場所・福島県鉄構工業組合事務所   7名出席

本日の役員会内容

1). 栃木県青年部との交流会について
2). 経営セミナーについて
3). 青年部設立20周年記念事業ついて
4). 忘年会について
5).その他 (鉄骨キャドメーカー・データロジックから、S/F REAL4の説明)
内容説明

1)  栃木県青年部との交流会について
詳細:10/16日(土)に予定の栃木県青年部との交流会について、交通・参加人数・内容について話し合う
2)  経営セミナーについて
詳細: 「決算書の見方」についてのセミナー事業の企画
    日時と場所、又、内容について協議し、10/23(土)の朝9時から組合事務所で、経営セミナースタートの、計画があがる。
3)青年部設立20周年記念事業ついて
詳細: 青年部設立20周年記念事業の企画、内容、実施日、等について協議を行う

内容としては、見学会の案があがり、愛知県田原市にあるTOYOTAの田原工場見学(日本が誇る最高峰のもの作りを学ぶ!!)や静岡県にある潟oンダイの工場見学(キャドの無い時代に、プラモデル組立の説明書の内容の精度の高さは凄い!!その、もの作りスピリットを学ぶ!!)案が出る。

日程については、2月ごろの1泊2日もしくは2泊3日の案で。 また、予算については、1人当たり約3〜5万円前後で協議が行われた。
4)忘年会について
詳細:日時、場所については、協議した結果、12月4(土)にいわき市、湯本で開催予定、の内容で話が進みました。

5).その他
詳細:その他として、鉄骨キャドメーカー・データロジックから、営業に組合事務所に来られ、新開発鉄骨キャド、S/F REAL4の説明会が行われた。

               記録者 総務委員 志賀清彦


Powered by HL-imgdiary Ver.3.02

 

ページの上に戻る

Copyright (c) Fukushima Steel-rib Fabrication Association All Rights Reserved.