福島県鉄構工業組合

HOMEサイトマップお問合せ

組合員専用ページ

 

鉄について
設計・作図
代表的な生産工程
鉄骨製作

検査と品質保証
耐震補強


グレード別 H M R J
支部別 
会社名で検索
人材確保推進事業実施報告
全国鐵講工業組合
全構協青年部会
国土交通省
 

TOP> 鉄について

鉄について

地球と「鉄」の誕生は同時期

地球誕生は今から46億年前、同じ時期に「鉄」も生まれました。
気の遠くなるような時空を越えて、「鉄」は今も確固たる素材として使われています。
近くに酸素、ケイ素、アルミニウムの次に鉄の元素が多量に存在し、岩石、鉱物、土壌などの中に広く分布し、身近にあって入手しやすい素材です。
私達の祖先は「鉄」の存在に気づき、石器時代・青銅器時代につぐ「鉄」を利器の材料に利用する鉄器時代という鉄の創世記を構築しました。

それから幾多の変遷を経て…   建築構造と結びつきます

1779年、中部イングランドのセヴァーン川に史上、最初の鋳鉄製大鉄橋・呼称「アイアンブリッジ」長さ約30.5mが架けられ、以後銑鉄を鍛鉄に精錬する技術を経て、蒸気機関による圧延が実を結び錬鉄が誕生、1851年完成のクリスタル・パレス(ロンドン)には建築構造に巧みに使われ、1889年パリ万博で建てられたエッフェルによるエッフェル塔高さ約300mは、7300トンの錬鉄とリベットで組み立てられ完成しました。今から120年前のことです。

錬鉄から「鋼」へ

精錬法の画期的な発明が相次ぐ中、強力な能力を持つ圧延機の出現で、待望の大型I(アイ)ビームが生産可能になり「鋼・Steel」が錬鉄にとって代わり、1887年には構造用圧延鋼材のカタログが発行されるなど、19世紀末から20世紀初頭にかけて「鋼」は市場を席巻、現在に続く「鋼」の時代の始まりです。

わが国100年の歩み…そしてやがて”透明な鉄”?

わが国の「鉄」による構造物の導入は幕末から明治維新以降であり、本格的には、たかだか100年程度であるにもかかわらず、「鋼」は驚異的な速度で強靭かつ量産体制を確立、現在は超高層ビルが聳え、本四長大橋が架かり、宇宙ロケットの胴体に世界最強のウルトラ高張力鋼板を使用するなど、多種多様な空間を創造し科学分野でも一翼を担い、より高品質な「鉄鋼」の開発スピードを増幅しています。
そして、ある時を経て、より超軽量でより超強度な、より輝く”美しい鉄”ガラスのような”透明な鉄”が出現するかも知れません。

安心・安全な建物で「人々の生命と財産を守ります」

わが国は地震国、常に厳しい自然環境にさらされています。
昔から多くの犠牲を払わされ、関東大震災、阪神淡路大震災、岩手・宮城内陸地震など近年でも何より大切な人命が失われ、膨大な損失を被りました。
建物を支えるには人間の骨格と同様、骨組み=「鉄骨」が不可欠であり、強靭強固なものでなければなりません。人体にも「鉄分・Fe」が含まれています。
強烈な地震にも耐えて経っていられる「良質な鉄骨」が安心・安全の基本です。

”鉄”は環境に優しい「エコ時代」の優等生

今や省資源・自然環境保護が、地球規模で叫ばれる”エコの時代”です。
「鉄」は繰返し、繰返し、反復再生利用可能な「リサイクル」の優等生です。
建築材料のなかでも、強くて丈夫、安定して安価で需要に応えられる資材は他の追随を許しませんし、何より反復再生して使用できることが地球を大切にすることなのです。
人体や環境に対する毒性も低く錆が発生しますが、これは自然に還るという特性で土に戻り地球にかえってゆくためなのです。
”限りある資源を限りない未来へ…”

1600メートルの超々高層ビルから眺めて観たい!

日本の超高層ビルのトップは現在、横浜みなとみらい地区の「横浜ランドマークタワー=296m」ですが、2014年に竣工予定の「近鉄・阿倍野橋ターミナルビル=310m」が首位に踊りでます。
超高層ビルタワーでは2011年度に「東京スカイツリー=610m」が東京タワーを超える高さで開業を予定、わが国の道の領域に挑戦(建設中)しています。
世界では特に中東の高さ競争が過熱し、今年中にブルジュ・ドバイが高さ818mを超えて天空に伸びる勇姿を見せますし、同じドバイで1050mのアル・ブルジュの建設に着手しています。
そして更に、サウジアラビア・ジェッダに1600mのマイル・ハイ・タワー計画が発表され、中東の相次ぐスカイクレーパー計画は世界のビル高さランキングを大きく変えることでしょう。

 

ページの上に戻る

Copyright (c) Fukushima Steel-rib Fabrication Association All Rights Reserved.